Y!モバイルのメリット・デメリット

Y!モバイルのメリット・デメリット

コチラの記事では、これからY!モバイルに変更を検討されている方々に、私自身が実際にY!モバイル使用したり、使用している皆様からの聞き込み等でわかった、Y!モバイルのメリットとデメリット説明していきます。

Y!モバイルのメリット

国内無料通話が10分付随される

この点がY!モバイルの大人気の秘訣なのですが、国内無料通話が10分付随されるのです。

3種類あるスマホプランのどれを選択しても、国内無料通話が10分(1回の通話時間が10分以内で無料通話回数は無制限)追加料金なしでついてくるのです。

3大キャリアにある5分かけ放題だと正直、私も追加で通話量の請求が来ていたのですが、10分のかけ放題になってからは1度も追加請求が来ていませんし重宝しています。

※無料通話が10分間では短すぎるという方にはオプションで、他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、または固定電話への国内通話が、通話時間・回数とも無制限で無料のスーパー誰とでも定額(1,000円)を追加する事が出来ます。

データ通信も通話も月額料金が安価なのにSoftbankと同じ回線

データ通信や通話に利用している通信回線はソフトバンクと一緒で、仕事柄田舎によく行くのですが、電話をしていて不便に感じた事はありませんし、通信速度も安定して早いので大変満足しています。

月額料金が安くなったSoftbankだと思って頂いて良いと思いますし、Y!モバイル以外のMVNO(格安スマホ)ですとデータ通信の速度も遅かったり、かなり不安定なところが多いという計測データー(下表参照)があります。

実店舗で購入後もサポートを受けることが出来る

Y!モバイルは、3大キャリアと同じく実店舗でアフターサポートが受けられるのですが、実際のところ実店舗を構えているMVNOはほとんどありません。

実店舗を構える事で費用が必要になるが為に、この費用を可能な限り少なくし、月額料金の低価格を実現しようとして、実店舗を構えていない所が多いのです。

もちろん実店舗を構えているMVNOは存在するのですが、そういった店舗のほとんどが契約の為だけの店舗であり、機種の故障に対して対応してくれません。

実店舗を構えていないと、アフターサポートを受ける際には電話やメールでのやり取りになりますので、正直使っていて不便と感じると思います。

たとスマホ代が安くても、いざという時には実店舗で店員さんにわかりやすくサポートして欲しいですよね。

Y!モバイルであれば、実店舗を日本全国に構えていますので、店舗で店員さんからしっかりとアドバイス・サポートして頂けます。

家族割引サービスで複数回線契約であればより一層低価格になる

このサービスを知らないとかなり損をする事になりますが、Y!モバイルには家族割引サービスが存在します。

このサービスを利用すると数回線契約の場合は、2回線目より月額料金が基本料金から500円割引となります。

遠くに住んでいる家族や自分自身で複数回線契約される場合等にも適用されますので、かなり嬉しい割引サービスになります。

数万円から500円割引ではなく、スマホプランSの場合ですと1,980円から500円割引になりますので、25%以上も安く利用できるのです。

複数回線利用しなくても月額料金を安くしたいという方のためにも、おうち割 光セット(A)というのがあり、Softbank光かSoftbankAirを契約されているのであれば、こちらでも月額料金から500円割引されます。

※私は1回線での利用ですが、通信量の節約や月額料金の割引の為にSoftbank光に変えました

Yahooプレミアムの月額料金が無料で利用できる

2017年2月より新しく新規で追加されたサービスとなりますが、Y!モバイルに初期登録するだけで自動でプレミアム会員になれ、月額料金が無料となります。

ヤフーオークションを利用している方やネットショッピングをするという方には本当に嬉しいサービスになります。

ニャンキュー
ニャンキュー
今までプレミアム会員費を支払っていたという人は、462円分プラスで値引きしてもらった感覚になるのニャ

SoftbankのWiFiスポットが無料で使用できる

これも本当に嬉しいメリットになりますが、SoftbankのWiFiスポットが無料で使用できるので、データ通信量の節約にもなりますし、何と言っても現在ではあちこちに下の2つのステッカーが貼ってあるSoftbankのWiFiスポットがあり非常に重宝します

 

使用して実感したY!モバイルのデメリット

データ容量を翌月に繰り越す事が出来ない

これが最大のデメリットになると思いますが、余ったデータの容量を翌月に持ち越す事が出来ません。

しかし2018年9月より、契約してから最初の2年間はデータ通信容量が2年間無料で3倍になりますので、無料のWiFiスポットを利用出来る事から考えましても、容量不足で困ることは少ないと思います。

ニャンキュー
ニャンキュー
2年経過後は500円にてデータ増量オプションを付けられるので安心ニャ

3大キャリアに比べると機種の種類が少ない

3大キャリアに比べると機種の種類が少ないのが難点の一つですが、最新機種が欲しいという方は一括で機種を購入すればSIMロック解除がおこなえますし、iPhoneが使用したいというのであればアップルで購入すればSIMロック解除なしで使用する事が出来ます。

キャリアメールが使用できない

キャリアメールが使用できない事が嫌なので、格安スマホに出来ないとの声を昔はよく聞いていましたが、現在では会社や友達との連絡は基本LINEだから大丈夫だし、メールが必要であればフリーメール(ヤフーメール・Gメール等)があるから気にならないとの声が多くなってきていますので、そこまで気にする事もないかもしれません。

ニャンキュー
ニャンキュー
Y!モバイルならプレミアム会員が無料だからヤフーメールも簡単に作成出来て安心ニャ

Y!モバイルを使用している人に実際に感想を聞いてみると、かなり高い評価や感想を聞く事が出来ました。

では、Y!モバイルを契約する時に、実店舗とオンラインストアどちらで購入すれば良いのかを、下記にてお互いのメリットとデメリットをまとめましたので、契約時に是非参考にして下さい。

実店舗

メリット

〇わからない事を店員さんに聞きながら契約できる

〇欲しい機種に触ることができる

デメリット

×待ち時間が結構長い

×必要のないオプションに加入させられる

×契約時と機種を取りに行くときの2回店舗に行く必要がある

オンラインストア

メリット

〇自分自身が必要なオプションのみ加入できる

〇24時間受付しているので、時間を気にせず好きな時間に申し込みが出来る

〇実店舗が近くにない場合でも申し込みが出来る

〇ネット申し込みだけしかないキャンペーンの恩恵が受けられる

デメリット

×初期設定を自分自身で行う必要がある

×契約後、最短でも翌日からの使用になる

自分自身で初期設定が出来るオンラインストア絶対にオススメです設定出来ないというでもオンラインストアでは、チャット形式でスタッフ直接わからない事が質問できますしオンラインマニュアル用意されているので基本的には自分自身で設定が出来ると思います

私の家族全員Y!モバイル加入する際には、キャッシュバックキャンペーン等のメリットがあるので絶対にオンラインストアより契約しています

当たり前の事にはなりますが、オンラインストアで購入しても実店舗にてアフターフォローを受ける事が出来ますので、ご安心ください。

 

新規契約の方には必要ありませんが、現在お使いのスマホのSIMロック解除をおこなって使用するという方はキャリア別にまとめていますので、下記よりご覧下さい。

SIMロック解除方法 docomo編

SIMロック解除方法 Softbank編

SIMロック解除方法 au編

 

※店舗にてSIMロック解除をおこなって頂く場合は、SIMロック解除方法でも説明していますが、手数料が3,000円掛かってしましますので、自分自身で行う事をおススメいたします。


Y!モバイル公式ページはコチラ